塾講師になるためには

塾講師になるためには

塾講師になりたい
塾講師という仕事があります。待遇は様々ですが大きく分けて正社員として塾講師になるという場合と、アルバイトとして講師をしたいという二つに分かれると思います。正社員とアルバイトでは何が違うのかと言いますと、基本的には「教室運営もする」のか「ただ教えるだけでいいのか」という違いだと思います。教室運営とはその教室が滞りなく運営されるために、資金の調達や生徒募集、保護者との面談、カリキュラムの作成、アルバイト講師の募集や採用や教育、さらにはシフト管理などが必要となります。これは教室や企業の規模によっても異なりますが、こういった生徒募集などに携わらない講師の場合でも、自分の授業の人気が教室の利益に直結するので、授業の質の向上のための努力が必要となります。どの業界も同じですが責任の重さが異なってくるわけです。

これから正社員として塾講師を目指す場合でも学生時代にアルバイトとして講師をしておくことはとても有意義だと思います。なにしろ人に対面し、人に教えていくという仕事ですから、できるだけたくさんの生徒さんに会って経験を磨くということが大切になってくるのです。

塾講師も学校の教師も同じですが、人にものを教えるという立場の人には二つの要素が大切になってきます。まずは当たり前ですが教えることの知識がきちんとあるということです。そして二つ目は、その人に人間的な魅力があるかどうかということです。外見の美醜だけではありません。その人が持つ大人としての余裕や、分かりやすく教えたいという情熱が「先生」としての魅力になるのです。

Copyright © 塾講師になるためには, All rights reserved.
塾講師になりたいどんな仕事内容なのか利点・欠点についてリンク集サイトマップ